不明シミのシミ抜き

袖口の内側に付着している白いシミ。

お客様からシミ抜きのご要望はありませんでしたが、受付時に隅々までチェックをしていると、このような隠れたシミが出てくることはあります。

受付は『よく観察する』ことが大切ですね☺️

よくよく観察すると、シミの箇所が粉末状に固まっていたので、軽くブラッシングした後、シミ抜きを施しました。

キレイに仕上がりましたよ〜✨

ニット製品に付着した汚れは、ある程度乾かして、不溶性の汚れを払い落としてからシミ抜きをした方がキレイになります。

汚れてしまったら『乾いた』ティッシュや紙ナプキン、ハンカチなどで軽く拭い取り、そのままの状態でクリーニング店にお持ち込み下さいね🙏

又、おしぼりで拭くことは絶対にしないで下さい!
おしぼりの洗浄時に使用されている漂白剤の残留で、お洋服が傷んだり、色抜けしたりする原因となります。

皆さん、気をつけましょうね☺️

関連記事

  1. スプリングコートに付いた焼き鳥のタレのしみ抜き

  2. ふっくら♡もちもち♡ダウンクリーニング

  3. 汚れが気になったら早めに洗いましょう

  4. ふっくら💕ダウンジャンバー

  5. 紳士ズボンの擦れ穴補修

  6. 夏用セーラー服についたボールペンのシミ

\ 友だち追加でお得なポイントカードGET /

 

PAGE TOP