キャップの経年劣化とリフォーム

『帽子の前の部分がへなっとしているから、ピシッと仕上げてくれないかい?』

ジャージ素材で元々伸縮性のあるキャップは、普通に洗って糊付けしただけではピシッとなりません…

おまけに、裏面のスポンジは経年劣化しており、洗うとボロボロになりますよと伝えました。

それでも…どうしてもピシッとさせたかったおじ様👴

一旦引き受け考えましたよ〜🤔🤔🤔

   

洗ってボロボロになったスポンジを取り除く⇒カバンや襟などに使用する硬めの接着芯を丁寧に型とる⇒網とキャップの間に接着芯を入れる⇒アイロンで接着する⇒切った網を布用両面テープで貼る⇒完成🧢✨🙌

   

After画像は、布用両面テープを貼る前の段階ですが、この後綺麗に貼り付け完成しました✨

喜んでくれるといいなぁ😆

関連記事

  1. 他店で落ちなかった🐶ちゃんの汚れ

  2. 人工皮革(スウェード)のカビ取り

  3. コーデュロイのジャケットについたカビと汚れ

  4. スーツの型崩れ防止用しつけ糸。購入時のままではないですか?

  5. 面ファスナーの埃取り

  6. 綺麗になって嬉しいね♪ | ぬいぐるみのちょっとした縫合も受…

PAGE TOP